2017年4月28日金曜日

電車にのって

遠まわりして、銀座通りを歩いて出勤。
なぜか背筋が伸びる。
どのお店も百貨店も、自分が顧客であることを
妄想しているから。


この休みは、ハーフマラソンをふたつ予定している。
だから、禁酒して、朝食をとるようにしている。
こういうとき、朝食専門店は、ありがたい。
マラソン大会もたのしみだけれど
本当は、電車に乗って遠くへ行くのが、たのしみだ。

座席ポケットの冊子すべてに目を通し、
車内販売が来たら、すばやくカートの中身を確認。

持参した本が、気分に合っていたら、なおよい。
その本にぴったり合うブックカバーも、前日には用意しておきたい。
さらに
どこかで、おそばを食べることができたら、言うことはない。

2017年4月27日木曜日

小松菜と立ち読みのブルース

わけあって、小松菜の絵を描いた。

どうということもなく、さらっと描いたのだけれど
あたまに「小松菜」がこびりついて、はなれない。

そんなときは、食べて忘れるにかぎる。
いつもより、しみじみながめて、ていねいに料理した。
いまさらながら、なんとおいしいものであることよ。


せっかちなため、家の中でも立ち読みをしている。
本棚の前はもちろん、
トイレの前、洗濯機の前、ふとんの横。
落ちついて読みたいときは「両国図書館」へ。
失礼だけれど、この時期のゆりかもめ、
顔を見るとふきだしそうになる。
顔黒郎(※命名)が多いからね。

2017年4月25日火曜日

朝のさんぽをしないかね

早く起きたうえに、身じたくも終わり、時間があまった朝は
さんぽしながらの、通勤。

遠まわりして、空港行きのバス乗り場を横目に
空港で飛行場を待つ気分にひたってみたり

金融街で、自分が日本経済を動かしている妄想をしたり

銀座の、あの喫茶店のコーヒー豆の直売所を
意外な場所で、発見したり。
いつもより少し多く歩きまわったおかげで
昨夜のアルコールも、抜けた気がする。
(すでに禁酒予定日を過ぎているはずなのだが)


やっと戻ってきた、お弁当ブローチ。
たまご焼きの評判がなかなかに、よろしい。
もう少し小さいトートバッグにつけると
いつものお弁当が、さらに楽しみになる。
うどんブローチは、みみずくに与えた。

2017年4月21日金曜日

けんかをやめて

つつましく暮らそう、と決意した舌の根もかわかぬうちに
風にゆれるのれんにさそわれて、また一杯やってしまった。

さわらのおさしみとは、なんとうまいものであることよ。
ほたるいかの青唐辛子漬けなんて、だれが考案したのだ。
帰り道。
橋の上で夜風にふかれて
毎朝歩いている道を、夜に歩くのは、たのしい。
せっかくなので、一本むこうの筋を通ると
きまじめな、あのみなさんが、なにかを覗きこんでいた。
やじうまならぬ、やじハトの上から覗きこむと
はげしく言い争う、鯉たち。
とてもせまい水槽のなかで、
いちばん大きい鯉と、二番めに大きい鯉が、
なにごとか、言い争っていた。

しばらく見物していたが、おさまりそうにない。
らちがあかないので
その場を離れようとしたら、
いちばんちいさい鯉が、なにごとかさけんで
言い争いは、終了した。
なにがあったかは知らないけれど
この週末、近所の「スナック女将」ではきっと、
このけんかの話で、もちきりであろう。

2017年4月18日火曜日

金髪中年のブルース

今のヘアは、金髪。

「サロン・ド・こけし」のマダムの意見を尊重、
したわけではなく
白髪あたまになったら、そうしたかった。
まだ白髪あたまではないけれど
待ちきれなくて。
最初は、鏡を見るたび、びっくりしたものだが
ところがどうして
もう慣れてしまった。




呑むなら、日本酒。

何度も痛いめに遭わされた日本酒
それが、今ではしっくりくるようになるなんて。
おかげで、「BAR GABGAB」へ行く機会が減ってしまった。
白ママ、元気でいるかな。
あの神社の手水でつくるとうわさの、水割りを思いだす。
ウイスキーはもちろん
「両国」ね。

2017年4月14日金曜日

うっかり うっかり

ずっと前から楽しみにしていた、ライブ。
うっかり、忘れていた。
「じゃあ始めますか」とぞろステージへ向かい、
さっきまで雑談に花を咲かせていたおじさんたちが
目で合図して、いっせいに音を出す。
あの空気が、なんとも好きなのに。

なのに
なのに

さして用事もないのに、うっかり忘れていた。
ライオン「ばか~!」
あひる 「この、スットコドッコイめ!」
ライオン「また酒飲んで椅子から落ちてたんだろ」
あひる 「この、おとぼけライスめ!」
傷心で目覚めた朝であったが、
この週末は、これまたずっと前から楽しみにしていた、べつのライブ。
「ねんね」のベーシストはいないけれど、楽しみ。

2017年4月12日水曜日

散歩のとき何か呑みたくなって

私の読書人生を劇的に変えたニクい書店、
「甘夏書店」さんから

雑誌に載りましたよ!

との連絡があった。

ようやく入手したこの雑誌
ページをめくると
先日終了した「39アートin向島」についてのみならず
甘夏書店さんのよこっちょに
ああ
どこぞの奇特なかたがお買上げくだすった、
写真を撮りそこねた、
たまごブックカバー&しおりが。
感慨深いなぁ。


先日、秋田へ再訪した際に連れていってもらった
「日本酒 はざど」さんというお店。
お通しから日本酒まで、大変すばらしくて
とても密度の濃いお店であり
私の大事なお店「生活選手」さんのお客さんでもあり
ねまちのマッチをお持ちであった。

ぺろんぺろんに酔った頃に
「お店の名前の入ったマッチをつくってほしいです」
と、お店のかたに言われた。

最近では、酔うと約束でもなんでも、すっかり忘れてしまうのであるが
めずらしく、ちゃんとつくってお送りしました。
 居酒屋さんなのに、イタリアン「はざど」
居酒屋さんなのに、演芸ホール「はざど」